050-5490-0922

営業時間
火~土 10時~18時
(日・月・祝 定休)

前よりも悲観的になる度合いが薄くなったと言うか減った気がします


1.当初、どんなことでお困りでしたか?

車の運転が苦手。運転自体は嫌いではないのに、自分は間違っているのではないか、事故を起こすのではないか、という不安と焦りと緊張で、異様に疲れていました。もう運転するのは極力やめようと思いました。車の運転が、人間関係全てと通じてる気がして、なるべく人と関わらないようにしていました。


2. カウンセリングやFAP療法を受けてみて、どう感じましたか?

FAPは、最初は呪文みたい、と思っていました。何度も受けた今も何がどうなっているのか謎です。カウンセリングをうけた後は「自分はこれでいいんだ」という安心感が強くなる気がします。いつも脳内で自分にダメ出しをしているのが、お話ししていると谷本さんが真剣に受け止めてくださるので、安心していき、「頭の中が静か」になっておだやかになるので、落ち着いて行動できます。


3.カウンセリング・FAP療法を受けて、どんな変化がありましたか?また、カウンセリングを受けて良かったことがあれば教えてください。

前よりも悲観的になる度合いが薄くなったと言うか減った気がします。例えば人から「あなたが悪い!」と責められても、それが言いがかりなら「へー」と受け流せるようになりました。以前は言いがかりも事実無根もすべてまに受けて、やたらと謝ったり、自分を責めたりしていました。


4.その他、もしお感じになったことがあればお聞かせください。

「頭の中が静かになる」と言うのがいちばんの印象です。先ほど約2年ぶりに車を運転したのですが、前のような焦りがなくなり、下手なりに落ち着いて運転できたのです。そして、前は運転した後には反省や「自分はダメだ」という落ち込みや疲労が凄くて倒れていたのですが、今日は全く疲れていないです。
そういえば運転中、以前は「ヘタクソが運転するんじゃねーよ」「もっと早くいけよ」「邪魔なんだよ」などと叱られている気がしていたのが全くなく、静かでした。(その文句は父がよく運転中に言っている言葉です)
この変化にびっくりして、「もしかしたら、人間関係についても、変わるかも・・・」と思い、嬉しくなりました。
ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

(2020年10月25日)

© 2023 FAP療法・トラウマからの回復・潜在能力解放のカウンセリング レスピラ 東京・新宿